2015 Speakers List

 

< 2015 Speakers line up >

1.TAKAMASA KAWASAKI 川崎貴聖川崎貴聖

レッドホースコーポレーションのCEO、Odigoのファウンダー兼会長、レッドホースホールディングスのディレクターを務め、香港に居住して複数の国に跨がるいくつものビジネスを手掛けている。経営コンサルタントとして複数の国に長年滞在し、また現在多国籍企業のエグゼクティブとして、それらの企業に大きな変革と成長をもたらしてきた。その過程で、ダイバーシティの重要性を認識し、物事を進める上でダイバーシティがチャンスへの鍵となることを実感。これまでのキャリアパス、及び、拙著“異質を巻き込む力”にダイバーシティへの思いは如実に反映されている。
香港科学技術大学MBA卒、東京大学農学部卒、公認会計士。

Takamasa Kawasaki

Chief Executive Officer of Redhorse Corporation, Founder and Chairman of Odigo, and Director of Redhorse Holdings. Basing in Hong Kong currently, managing several business lines across several countries. He has successful experience in driving change and growth in large multi-national corporations as an executive, as well as having several years of experience living and working in various countries as a management consultant. In the meanwhile, he realized the importance of diversity, and view diversity as a lead to an opportunity. His passionate about Diversity is reflected in his professional career and his book “The Power of Embracing Diversity”.
He holds a Master degree of Business Administration of Hong Kong Universty of Science and Technology as well as Bachelor of Agricultural management from The University of Tokyo, in addition to the CPA qualification.

 

2. Natsuyo Lipschutz リップシャッツ信元夏代

リップシャッツ信元夏代

起業家、経営コンサルタント、認定スピーチコーチ、競技ラテンダンスプロアマ現役選手、そして一児の母でもある信元氏は、東京で純日本人として生まれ育ったが、早稲田大学在学時に1年間のアメリカ交換留学を経て、卒業後の初就職をニューヨークで果たす。その後、ニューヨークにて経営戦略コンサルティング会社のアスパイア・インテリジェンス社を設立し、日本企業、そして日本人リーダーたちの更なるグローバルな飛躍・成長に寄与してきた。2015年にはグローバル・パブリックスピーキングのコーチング事業、ブレイクスルー・スピーキングも立ち上げている。経営理念には「誠和魂」を掲げている。

Natsuyo Nobumoto Lipschutz

An entrepreneur, management consultant, certified speech coach, competitive ballroom Latin dancer, and mother of a 3 year old girl, she harnesses the power of thoughts for positive change in life, society, and business. Born and raised in Tokyo, Natsuyo began her career in New York, aspiring to help grow Japanese companies and individuals globally. Today she is the managing principal of a management strategy consulting firm, ASPIRE Intelligence, and the executive consultant of a global public speaking business, Breakthrough Speaking.

 

Steve Sakanashi Profile Picture_TEDxWasedaU

坂梨スティーブ

日本が最大限の可能性に達するために手助けをすることを目標とした団体、世界クリエイターの設立者。またシアトルで本拠地をもつベンチャー企業、Labs8(エイト)の設立パートナーであり、特に会社内の文化形成を専門としている。過去10年でロスアンゼルス、シアトル、東京でリーダーシップ育成に携わってきた。日系4世のアメリカ人である彼は、日本人学生が不安定な状況でも自らの将来を切り開けるようになることをパッションとしている。

Steve Sakanashi

Founder of Sekai Creator, an organization committed to helping Japan reach its full potential. He is also a founding partner at Labs8, a Seattle based venture builder, where he specializes in culture building. He has spent the past ten years developing leadership cultures in Los Angeles, Seattle and Tokyo. As a fourth generation Japanese-American, he is passionate about enabling Japanese students to create their own futures amid volatile conditions.

 

Tomohiko Hara Profile Picture_TEDxWasedaU

原智彦

世界12ヶ国に広がるラーメンのグローバルブランド「博多一風堂」の採用責任者。世界の人々を喜ばせる仕事の面白さを世界中に伝えると共に、「ここで働いて良かった!」と誇れる、これまでにない新しいコンテンツを創造している。

Tomohiko Hara

Head of recruiting global talents for the internationally renowned ramen restaurant, “IPPUDO” with locations spread out across 12 different countries, Tomohiko Hara is on a mission to help workmates bring pride to their jobs and spark love for what they do by innovating old concepts of work, breaking limitations, and introducing new and fresh ideas to the market.

 

Kentaro Kuroishi

黒石健太郎

学生が起業を学ぶビジネススクールを運営する株式会社ウィルフ 代表取締役社長。2006年に東京大学法学部卒業後、株式会社リクルート(現リクルートホールディングス)入社。人材の採用・育成商品、社内活性化コンサルティング商品などの営業を経て、新規事業の戦略企画を担当。その後、雇用領域における社会課題解決事業「ホンキの就職」を立ち上げ。2013年に学生が起業を学ぶビジネススクールWILLFU STARTUP ACADEMYを設立。現在、累計200名以上の大学生が、学んでいる。著書に、「渋谷で教える起業先生(毎日新聞出版)」がある。サイバーエージェント主催の起業家コンテスト「アントレプレナーイノベーションキャンプ」優勝。

Kentaro Kuroishi

Currently the CEO of Willfu Corporation. Graduated Tokyo University law department in 2006. Worked at Recruit Holdings after graduation. During the years at Recruit, he worked for HR, product development and was in charge of strategic planning of new businesses. In 2013, Mr. Kuroishi founded WILLFU STARTUP ACADEMY which is a private small scale business school in which students learn the basics of business and start their own businesses. Currently over 200 students are taking the course.

 

Jinji Takeguchi

武口尋慈

ZiNEZ a.k.a Kamikazeはフリースタイルバスケットボーラーの世界チャンピオンであり、ストリートファッションを中心にモデル、タレントとして活動している、次世代のカルチャー発信者。彼はフリースタイルバスケットを初代世界チャンピオンのLEEの元で技を磨き、マイケルジョーダン主催のハーフタイムショーパフォーマーとしての出演経験を持っている。国内だけでなく海外の大会でも三度優勝と好成績を修めるプレイヤー。現在はパフォーマーとしての活動のみならず、中国、インドネシア、ロシア、イタリア、アメリカ、香港など世界中でワークショップやトーナメント、サマーキャンプ等を主催している。彼がフリースタイルバスケットボールと出会ってから現在までの9年間、毎日ボールを持ち歩き練習を欠かしていない。

Jinji Takeguchi

ZiNEZ a.k.a Kamikaze is a young world-class freestyle basketballer who has been influencing and spreading street and freestyle basketball culture through his talent as a baller, a fashion icon, and as an entertainer. He studied under the first Japanese World Champion of the free style basketball, LEE and performed during a half-time show which hosted by Michael Jordan. In addition, he has become a champion three times in the Japan and World games. Currently, ZiNEZ has been leading workshops, competitions, and summer camps in China ,Indonesia, Russia, Italy, US and HongKong. Even now, after 9 years past since he met freestyle basketball, he does not have a day where he did not have his ball with him.

 

Tatsuya Yoshioka

吉岡達也

ピースボート共同代表/共同創設者。東アジアの市民間の対話と和解を推進するため、1983年にNGOピースボートを設立。平和で持続可能な地球社会を目指し、年3回の世界一周クルーズを含め現在まで87回の船旅を実施。多くの紛争地域を含む100カ国以上を5万5千人が訪問している。2011年の東日本大震災後はではピースボート災害ボランティアセンターを設立し1万4千人を超えるボランティアを被災地に派遣。国連主導で始まった市民社会の紛争予防ネットワーク(GPPAC)の東北アジア代表としても活躍。2008年には憲法9条キャンペーンを中心とした平和活動を評価されノーベル平和賞候補者にも選ばれた。現在、世界一環境に優しい客船を作る「エコシップ・プロジェクト」を進めている。

Tatsuya Yoshioka

Yoshioka founded the international NGO Peace Boat in 1983 to foster people-to-people dialogue and reconciliation in East Asia. Peace Boat has organized 87 global educational voyages to promote peace and sustainability taking over 55,000 people to more than 100 countries, including many conflict zones. Following the 2011 Great East Japan Earthquake and Tsunami, Yoshioka established Peace Boat’s Disaster Relief Volunteer Centre, which has since dispatched over 14,000 volunteers. A leading member of GPPAC, the UN-initiated worldwide civil society conflict prevention network, Yoshioka was nominated for the Nobel Peace Prize in 2008 for his work on the Global Article 9 campaign. He is currently leading Peace Boat’s Eco-Ship project, with the objective of building the world’s greenest ever cruise ship.
Shinichi Takemura

竹村真一

京都造形芸術大学教授、 世界初のデジタル地球儀「触れる地球」の発明者。人類学者として地球環境問題に関して鋭い意見を唱えつつ、最先端のテクノロジーを駆使しながら多数の社会活動のメディアプロデューサーとしても活動している。世界初のマルチメディア地球儀「触れる地球」は、2005年にグッドデザイン賞・金賞を受賞し、2013年にはキッズデザイン最優秀賞・内閣総理大臣賞を受賞した。作品は洞爺湖G8サミット(’08)やCOP15(’09コペンハーゲン)、TEDxTokyo(’09)など様々な場所に設置され、各会議、イベントのシンボル的な役割を果たしている。“3.11” 東日本大震災後、竹村教授は日本政府(首相官邸)の「復興構想会議」検討部会専門委員に就任し、災害リスク削減プロジェクトに従事している。 また、2012年5月より、UNISDR(国連防災機構)のコミュニケーションデザインアドバイザーとして「国連防災白書2013」のコンセプトデザインなどを担当し、活躍中。

Shinichi Takemura

Professor at Kyoto University of Art and Design. Inventor and director of “Tangible Earth” as well as media producer known for his numerous cutting-edge IT-driven social activities, along with propounding his insightful views on global environmental issue as an anthropologist.
Prof. Takemura received Gold Prize of Good Design Award in 2005 and the Prime Minister Award of Kids Design in 2013 for his world’s first multimedia globe, the “Tangible Earth”. This world’s first interactive digital globe has been exhibited at Toyako G8 Summit (2008), COP15 “Bright Green” event (2009 at Copenhagen), TEDxTokyo in 2009, and many other places.
After “3.11” great earthquake and tsunami strikes Japan, he engaged in disaster risk reduction projects as a committee member of Reconstruction Design Council of the Japanese government (Prime Minister’s office). Since May 2012, he has been collaborating with UNISDR (United Nation International Strategy for Disaster Reduction) as Communication design consultant.

 

 

Student Speakers

Yvonne Yap Ying Ying

イボンヌ・ヤップインイン

早稲田大学とシンガポール国立大学のダブルディグリー学生であり、早稲田大学国際教養学部でティーチングアシスタントを務めている。現在、ジェンダー、セクシュアリティ、空間の分野で研究を行っており、チアリーディング、着付け、ポールダンスなどの彼女の実体験に基づき、今までにいくつかの記事を発表している。

Yvonne Yap Ying Ying

A double degree student from the National University of Singapore and Waseda University as well as a Teaching Assistant at Waseda University’s School of International Liberal Studies, Yvonne is currently pursuing her passion of doing research in the fields of gender, sexuality and space. A keen believer in the merits of ethnographic fieldwork, Yvonne loves to merge academia and play. To date, she has published several articles based on her experiences in activities such as cheerleading, kimono dressing and pole dancing.
Ocean Gabriel

オーシャン・ギブソン

アメリカからの交換留学生として一年間日本に来ている彼の名はオーシャン・ギブソン。彼は現在学部三年生、留学11ヶ月目であり早稲田大学での道のりを今回の出演で締めくくることができて光栄だと感じている。オーシャンの専攻は哲学だが、興味分野はリベラルアーツに様々な形で広く及んでいる。現在GLFPプログラムで環境哲学と人々の自然と環境との関わり方について、また、日本の哲学者であった西谷啓治と京都学派についてと2つの研究に携わっている。これらの冒険の相互影響、そしてスピーチにより結びつけられているかの解釈は皆さんにお任せしますと彼は述べている。

Ocean Gabriel Gibson

Yearlong exchange student from the United States. His academic major is philosophy, but his interests span across most of the liberal arts in some way or another. He is currently undertaking two research projects through the GLFP program: one pertaining to environmental philosophy and public attitudes toward nature and ecology, and the other on Japanese philosopher Nishitani Keiji and the Kyoto School. He leaves it to audience to decipher how all of these ventures—coalescing in the following one—may be interconnected.