“E-motion” Speakers

1.FRANCIS CALALANGフランシス・カララング

彼女は、フィリピン共和国・マニラで生まれ、アジアの様々な場所で育ち、現在は早稲田大学政治経済学部のEDESSAプログラムにおいて経済学を専攻しています。
彼女は一年生ですが、学年は関係なしにTEDxWasedaU学生スピーカーコンテストに積極的に参加するなど、挑戦しても何も失うものはないという考えを常に持ち、行動しています。
彼女は人々とその多様な文化に興味を持っており、それらを学ぶことを通して自分自身の視野を広げる機会を常に追い求めています。学問の外では、東京の様々な場所やジム、公園で彼女を見かけることがあるかもしれません。

(*フランシスさんは、英語でプレゼンテーションを行う予定です。)

Francis Calalang

Born in Manila, raised throughout Asia, and currently in the School of Political Science and Economics EDESSA Program majoring in Economics.
Although she is only a first year, she doesn’t let that fact limit her when it comes to approaching opportunities, such as trying out for the Student Speaker Competition, as firmly believes that you don’t lose anything by trying. She is also interested in learning about people and their culture, and is always looking for opportunities to expand her perspective.
When she’s not involved in academics, you would find her capturing moments of Tokyo, at the gym or in a park.

(*Ms. Francis will be giving her talk in English.)

2.MITSUO NAKATA

仲田 光雄

元異文化情報エンターティンメント誌編集長である仲田氏は、イスラエルやマレーシアなど政府観光局の招聘で多くの国を取材。また、ディズニー本社の招待でフロリダのディズニーワールドの取材も行う。国内外のアーティストや著名人500名以上をインタビューし、未だに多くの著名人と親交がある。
世界各国を訪れた際に日本文化が多くの国にリスペクトされていることに驚き、2014年にリアルの日本文化や習慣などを発信するYouTube番組「Tokyo Voice TV」を立ち上げ世界中で視聴されている。
また、ニュージャポニズムを世界に広めるため、2015年に葛飾北斎ゆかりのお寺を中心に「北斎プロジェクト協会」を立ち上げ代表理事に就任。特にアニメや音楽、芸術、習慣などを通して日本文化に興味を持ってもらうことでインバウンドに繋がる活動をメインにしている。

(*仲田さんは、日本語でプレゼンテーションを行う予定です。)

Mitsuo Kamille Nakata

Mitsuo Kamille Nakata is the former editor in chief of a cross cultural information entertainment magazine. He has also previously been involved with the tourism organisations of Israel and Malaysia, as well as Disneyland Florida.
Moved by the significance and value of Japanese culture, he started a YouTube channel called ‘Tokyo Voice TV,’ which aims to spread Japanese culture through social media. Furthermore, he is hoping to propagate a new form of ‘Japonism,’ and to this end has founded the ‘Hokusai Project Association’, of which he is currently the representative director. He aims to convey a new form of Japonism to the world.

(*Mr. Nakata will be giving his talk in Japanese.)

3.SONESS STEVENS

ソネス・スティーブンス

グローバルコミュニケーションの専門家である、ソネス氏は、NHKで放送されている「プレキソ英語」に毎週出演しており、横浜国立大学でビジネスにおいてのプレゼンテーションスキルを教える准教授である。また、彼女の著書には日本中の大学で使用されている日本初のマルチメディア電子教科書がある。彼女は、英語版ハローキティの声でも知られる声優で、NHKやFOX TV Japanにも出演している。サーフィンや座禅をすることが趣味で、現在は湘南に在住している。

(*ソネスさんは、英語でプレゼンテーションを行う予定です。)

Soness Stevens

Soness Stevens is a global communications practitioner.
You can see Soness every week on NHK TV’s Pre Kiso. She is currently an associate professor at Yokohama National University where she specialises in business presentation skills. She is also the author of the first multi media e-textbook in Japan, which is used by many universities across the nation. You may have seen her on NHK TV and Fox TV Japan, or recognise her voice as Hello Kitty from the official English version of the show. She lives in Shonan where she surfs and practices Zazen meditation.

(*Ms. Soness will be giving her talk in English.)

4.ZOONIE YAMADA

山田 ズーニー

文章表現エデュケーターであるズーニー氏は、想いを言葉に表して人に通じさせる力 =「文章表現力」の教育師。全国で表現力育成のワークショップを開き、「書けない人も数時間で見違えるような文章を書く」、「想いが表現できた!」と感動を呼んでいる。出発点はBenesse小論文編集長、高校生の「書く力」の育成に16年携わり、 書く前段階の「考える」作業を着実にやれば、だれでも実感ある・伝わる文章が書 けることを発見する。2000年、フリーランスになり、全国多数の大学・企業で表現教育を展開中。『理解という名の愛がほしい』河出書房新社をはじめ、書くことを通じて自らも表現をしており、表現教育者と 表現者の両輪で、今後も人を生かし、自らも生かしていきたい。著書『伝わる・揺さぶる!文章を書く』PHP新書は2016年現在46刷のロングセラーとして版を重ね続け、読む人をこう励まし続ける、「あなたには書く力がある。」

(*ズーニーさんは、日本語でプレゼンテーションを行う予定です。)

Zoonie Yamada

Zoonie Yamada is a written expression specialist.
She is an educator that specialises in the ability to express one’s emotion in words in order to better connect with people; “the power of sentence expression”. She has held numerous expressive power workshops nationwide, moving people’s hearts and inspiring them to achieve such feats as learning to write in an articulate manner in a number of hours, even though they could hardly write prior. She believes that “people can truly express themselves through writing!”
Her career began as the editor in chief at Benesse, where for 16 years she was involved with the development of the writing skills of high school students. Through this experience, she discovered that if everyone “thinks” steadily before they start writing, anybody can be articulate in their writing.
She became a freelancer in 2000 and continues to develop “expression education” for many universities and companies nationwide.
Her book “Rikai to iu na no ai ga hoshii”(Kawade Shobo Shinsha) is an example of her self expression through writing. As an expression educator and an expressive person herself, she wants to continuously draw out people’s talents as well as her own.
She is also an author of “Tsutawaru, Yusaburu! Bunshou wo kaku”(PHP Shinsho), a longtime seller that is currently in its 46th edition. This book continues to encourage readers, “You have the power to write.”

(*Ms. Yamada will be giving her talk in Japanese.)

5.RICK CLEMONS

リック・クレモンズ

クレモンズ氏は、“Frankly My Dear I’m Gay”の著者であり、ポッドキャスト番組”The Coming Out Lounge”の司会を務めている。また、認定ライフコーチでもあり、これまでに50ヵ国以上の数千人という人々がカミングアウトすることを手伝ってきた。彼は人々が自分自身の殻を破り、自信を持って、個性を大事にしながら生活することができるよう、日々奮闘している。

(*クレモンズさんは、英語でプレゼンテーションを行う予定です。)

Rick Clemons

Rick is an Author of “Frankly My Dear I’m Gay”. He is also a host of The Coming Out Lounge podcast, certified life coach, and he has helped 1000’s of people in over 50 countries across the globe come out of the closets of their lives to confidently own their uniqueness, and Make Their Quirk Work.

(*Mr. Clemons will be giving his talk in English.)

6.MALCOLM FIELD

マルコム・フィールド

フィールド氏は、パプア・ニューギニアで生まれ育ち、高校、大学、修士課程をオーストラリアにて修了。後に博士号をイギリス・ケンブリッジ大学の教育学部で取得した。彼の博士課程研究内容は、主に大学内での“文化的”なコンテクストにおけるテクノロジーの影響についてである。フィールド氏は早稲田大学で12年以上、公立はこだて未来大学及び、杏林大学でも教鞭をとっている。また、定期的にベトナムにてリーダーシップや教育研修に関するワークショップも行っている。そして約4年前から、学習と思考の追求を再開し、認識行動科学における新たな理解を文化的なコンテクストへ応用しようと試みている。

(*フィールドさんは、英語でプレゼンテーションを行う予定です。)

Malcolm Field

Professor Malcolm Field was born and raised in Papua New Guinea. He completed his high school, undergraduate and master’s diplomas in Australia, and earned his doctorate from the School of Education at the University of Cambridge, England.
His Ph.D. concerned the influence that technology has on learning in “cultural” contexts (specifically, the university). Professor Field has been associated with Waseda University for more than 12 years, and has held tenured professorships at Hakodate Future University and Kyorin University.
Professor Field regularly conducts leadership and pedagogy training and workshops in Vietnam. Around four years ago, he returned to the discipline of learning and thinking, attempting to apply the growth of knowledge regarding cognitive and behavioural sciences to “cultural” contexts.

(*Professor Field will be giving his talk in English.)

7.YUJI KITANO

北野 勇治

理学療法士である、北野氏は福島県会津若松市出身。「オールブラックス」でラグビーをプレーしたいと、16歳の時に単身でニュージーランドに留学。留学当初は英語が全く話せなかったものの、現地で高校、そしてオークランド工科大学を卒業する。ラグビー選手から一転し、プロラフティングガイドになり、8年間世界中の激流で仕事をする。アイスランドの氷河の川を下りながら、理学療法士になろうと決意。オークランド工科大学へ戻り理学療法を学ぶ。2012年に日本へ帰国以来、理学療法士、パーソナルトレーナーとして元麻布のプライベートジムで主に在日外国人を相手に活躍中。

(*北野さんは、日本語でプレゼンテーションを行う予定です。)

Yuji Kitano

Yuji Kitano is a Physiotherapist and Personal Trainer.
Growing up in Aizu-Wakamatsu, Fukushima, Yuji Kitano had dreams of playing rugby for the New Zealand team the All Blacks. At 16 years old, with no English ability, he left home to attend the high school in Auckland, New Zealand. He went on to get his university degree at AUT. Kitano traveled the world as a pro-rafting guide for 8 years. While paddling down the Icelandic River, he felt the calling to go back to AUT to study Physiotherapy. After moving back to Japan in 2012, he practices Physiotherapy and Personal Training at Club 360 in Motoazabu.
He plays rugby with the Yokohama Country Athletic Club, wakes up early to work in the garden, and lives a surfer lifestyle in Shonan.
Kitano believes the human body is designed to move, not stay still.

(*Mr. Kitano will be giving his talk in Japanese.)